サンフランシスコセミナー アメリカ講習会レポート 2007

サンフランシスコセミナー

0710_2_01

サンフランシスコではスタンフォード大学内で阿吽会のセミナーが開催された。

中国武術・日本古流武術・ロシア武術・ムエタイ経験者・現役警察官の方など多様な参加者がいた為、基盤整備の内容に身体や力がどのように運用されていくか「武術への繋ぎ」も説明中に多く織り込みながら進められた。

身体整備と武術

このサンフランシスコセミナーはさまざまな流派のキャリアを持った人々が参加しているため、なぜ阿吽会がスタイルを限定しないでこのようにセミナーを開くのか、まず基盤の”訓練要諦”を最初に説明した。阿吽会の練功と、参加者各々の武術スタイルの特色やシステムとが少し異なる解釈を持ち合わせているという事を、体験しながら理解出来るようにセミナーが進められた。

練習要訣とは簡潔に説明するなら、

1つは 技術・用法等を習得するに当たってのその幹となる訓練とは何か。
2つは形式的な練習方法ではなく 融通性がきく身体の意識や感覚を身に付ける事の重要性。
3つめに身体をまとめ意のままに動かし”術”の真理を理解していくこと。
である。

阿吽会での重要な解釈を説明し、意識的に理解していくように初日は基盤整備を重点的に行った。

0710_2_02 0710_2_03 0710_2_04 0710_2_06

また、このセミナーでは流派等の限定がないので、各参加者から自分の武術スタイルでは 「このように攻撃し相手を制圧するのだ」という意見なども出され、実際に阿吽会のメソッドからの 身体運用ではどのような対処をするかを、阿久澤代表がフリーに身体で示す場面も見られた。

0710_2_05

2日目

一日目の復習と静から動へと繋ぐ練功方を行ったが、、一日目より着実に参加者が変化していた。 これまでのくせを修正しつつ新たな発見を与えていたようだった。

接触訓練で学ぶ内容は、思った以上に深い。相手を崩したりもみ合う事は容易ではあるが、この訓練の目的は倒すことではない。ここから自分の身体の調整を知り、相手との接点から神経の動き、皮一枚の感覚まで調整しなくてはならない。ある程度わかると相手を崩す・わかった気になるという自己満足に陥りがちだ。自己満足は自分の前にある次に進むための大きな壁を見出すことが出来なくなる。身体の奥深くまで調整し、相手と相対した時にも同様の動きを無意識かでコントロール出来るよう身体を作っていく事で接触訓練での意味が繋がっていく。これは容易なものではない。動きの中から自分で気づき考え鍛錬を続けること、体で知覚すること、時間、全てを忍耐強く続ける事が必要だ。

0710_2_07 0710_2_08

シアトルセミナー・サンフランシスコセミナー共に、身体の調整を学んだ方からの力の影響が変わった事で基盤の調整がいかに大切かを再認識出来たという声を沢山頂き、反響の大きさに驚かされた。 基盤創作の意味も理解されていた事、このアメリカセミナーでも、”武術の基盤”の根が地中で大きく伸びているように感じられた事は何よりも嬉しいことである。 大きく張った根は、しっかりした幹を育み天に大きく延ばしてゆける。天と地を繋ぐが如く統一された身体を養う事の重要さをアメリカでも理解してただけた事を嬉しく思う。セミナーの経験や出会いから学ばせていただいた事に感謝の意を述べたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です