200405 ATTACK PROOF編

2004年5月
NYに行く前、ロバートから「NY警察やアメリカ海軍で戦闘を教えていて誰とでも戦い負けた事がない人がいる。」という話を聞いた。それだけでは「武術家にありがちな尾ひれのついた武勇伝だろう」と思い大して興味をそそられなかっただろう。しかし「どの“スタイル”“流派”で、という戦いかたではなく、状況に応じ動く」という言葉に、ぜひ会ってみたいと思うようになった。

というのは、武術の本質は突き詰めると最終的に同じになるからだ。実際戦いの場では「●●が来たら■■拳の▲▲の用法でかわし」など悠長な事は言っていられない。瞬間瞬間で体が処理出来なくてはならないのだ。常に型通りでない場に、瞬間に対応し動けるようになっているという事だ。
私はパーキンス氏に会うのが大変楽しみになっていた。

0409_01ここでパーキンス氏はどのような武術を学んできたかを簡単に書こう。 5歳からアメリカインディアンの格闘方法を学んだのをはじめに、その後多くの武術や戦闘訓練を研究した。そして警察陸軍士官学校に入学し訓練を受けたのち警察官として働き、科学捜査の研究、VIPの護衛・保護プロジェクトなどに携わり、また海軍や警察で戦闘を教えていた。 私たちは、ニュージャージ州のローカル線の終点からひとつ手前の駅にあるモールで行われている教室に行った。CITY内の教室は弟子に任せておりパーキンス氏が来ないからだ。モールは日本の郊外型ショッピングセンターのようなもので、買い物も出来るし、スポーツ関係の教室などもある。

19時からの教室だったので夕方に到着したが、駅で話しをした地元の女性から、NYCITYに帰り上りの電車がもうないと知らされた。まったく知らない土地で周りを見渡すかぎりHOTELらしきものはない。もしかしたらNYCITY行きのバスがあるかも知れないということだが、これも確証はない。もうあたりは夕闇に包まれている。帰れるのかどうか一抹の不安を感じたが、不安よりもパーキンス氏の武術への興味の方が勝っていた。駅で知り合った親切な女性にモールまで車で送ってもらい教室に到着した。

もう教室ははじまっていた。パーキンス氏は快く迎えてくれ、早速動いてみようということになった。私たちは着替えもせずに私服のまま裸足で動くこととなった。 パーキンス氏ははじめに簡単に彼の武術の説明や練習方法の意味などを動きながら私たちに説明してくれていた。

一通り説明を聞いた後、阿久澤代表が少し動いて見せた。パーキンス氏はその動きをみて「私がアメリカで見てきた空手の人たちでは君にはかなわないだろう」と興奮ぎみに言い「手合わせをしてみましょう。」と言った。 まずロバートが黒人の一番弟子と思われる方と手合わせをした。 お互い初対面の初手合わせということもあり緊張が伺えた。ライトコンタクトで組み手を行い、時折顔面を殴打する激しい場面も見られた。

次ぎに阿久澤代表が手合わせをした。「好きなようにやってみてくれ」と言うが、約束組み手の対練ではないので、お互いの力量を探りながらの自由組み手のような形でしか表現できないと感じた。状況としては相手の攻撃をはずし中心をせめ、時折顔面に掌打をいれ、攻撃のリズムをはずしていた。相手も黒人という事で手の技の速さとスピードがあったが、阿久澤代表が体さばきをしてバックをとるシーンもあった。こういう状況での手合わせは“こうきたらこうする”みたいな約束がないため、お互いの緊張感が見ている私にも伝わった。

私は武術を学んでいるとはいえ女性なのでどうしても男性にくらべて体格的には劣る。正直に言えば、体格に違いのある女性が、男性と同じように技が出来るかと言えば難しい部分がある。 例えばある動きを行うのに「体のこの部分の力みを抜いて別の部分から出力する」とする。その動きをする為には「体のこの部分の力みを抜いて別の部分から出力する」為の身体ができていなくては、その動きには出来ないのだ。“身体が出来る“というのは”筋肉がつく“という意味だけではない。むろん必要な筋肉もあるのだが、すじや骨、神経や感覚の発達、動きを知覚できているかどうか・・・など、これらの要素をすべて含めて”身体が出来“なくてはいけないのだと思っている。

ふとパーキンス氏が「あなたは女性だ、戦う一つの手段として、相手の顔をこのように攻撃しなさい」と私の手を自分の顔へ持っていった。それは間違っても“鍛錬もせずに極論として顔を攻撃しろ”と言うようなレベルのことではない。武術の本質とはこういうものだということを表している。武術とルールの決まった中での格闘は定義している所が違うのだ。

日本に精神誘導が練習体系の中にある古流の武術がある。精神誘導というのは極限の戦う状態に精神を持っていくものであるが、それはもちろん鍛錬を積み重ね、武術として使えるようになった上で初めて学び生きるものである。

精神誘導が訓練体系の中にあるというだけで鍛錬せずに精神を変えて戦う武術だという解釈をされる方もいるようだが、武術を理解しているのであればそのような勘違いは生まれないはずである。 武術は人の生き死にを扱うものだ。それがどのような意味をもつのか、どれ程の人が理解しているのだろうか。視座が異なることを認識せねばならない。

基本を積み上げ鍛錬に鍛錬を重ねた後に、さらに自分なりの体格・資質を鑑みた鍛練方法を自分で模索し意識変革しなくては武術というものにはならない、今後もさらなる進化をすべく鍛練を続けたい・・と阿久澤代表が語っていた。

今回パーキンス氏とは全く面識がなく、NYに行く前にロバートより連絡を取ってもらい交流の機会を頂いた。誰かの紹介でいったのであれば知らなくても丁重に接してもらえるだろうが、我々は会った時はお互いどのような人物で武術のバックボーンも何も知らない状態であった。 武術の世界を知っている方ならお分かりになるだろうが、流派同士の関係やマナーなどは独特な世界観がある。

なので、パーキンス氏に会い両者の信頼関係がなくては安易に写真を撮れないと思い、交流が進むまで撮影を控えた。私のこのような心配は全く必要なかったかのように、阿久澤代表が動いて手合わせをし相手の弟子にインパクトを与えた所感銘し、帰りに是非食事に行こうと強く誘われた。だが我々はNYCITYへ帰らねばならず、その場を辞さねばならなかった。何かあればいつでも連絡をとパーキンス氏は連絡先を教えてくれた。

NY武術交流では、どの国、何の流派でも関係なく、すべてその個人にかかっているという事、本質を追及している人間どうしは通ずるものがあると感じた。 この経験を生かし謙虚さを忘れずますます鍛錬を続けようと思う。 最後に、連絡に通訳に奔走してくれたロバート、お疲れさまでした。

(Nori)

番外編
パーキンス氏の誘い辞したわれわれは、脱兎のごとくバス停に向かった。しかし時すでに遅し。。。バスはもうなかった。
我々が乗ってきた路線と別の路線の電車が、まだ動いているかも知れないという。ロバートが白タクの運転手と交渉し、他の路線の駅までタクシーを走らせた。夜十時前で日没の遅いNYでもあたりは暗闇に包まれている。

そして見知らぬアメリカの、家などがあまり見当らない土地に、ガイドブックに書かれている旅行に纏わるトラブル話が脳裏をよぎり、私は密かにどきどきしていた。20分ほどで駅についた。電車が止まっている。 「これで帰れる。。。」

NYCITYに戻ってきたのが夜11時半ごろ。スムージーのお店に立ち寄り疲れを癒した後、阿久澤代表、ロバート、私は、コーリアタウンに向かい夜中の12時すぎに炭火焼きのおいしい焼肉店で遅い夕食を食べた。しかし私は交流での緊迫感からの開放と無事に戻ってこれた安堵から、焼肉を目の前に不覚にもお店で爆睡してしまった。あの日食べ損ねた焼肉が心残りでした。。。

0409_020409_03-1