2013 EUセミナー1

4/16 17日 2013年フランスセミナー一カ所目となる、アラスセミナーが 昨年11月に引き続き2日間にわたって開催されました。この時期バカンスシーズンにもかかわらず深く学ぶために 空手や柔道の指導員の方々が参加し先生の話を熱心に聞いて練習されていました。

アラスセミナーの内容

初日は前回の復習から力の伝達やアレンジへの発展に関してを二日目は 骨盤の収まり方や姿勢、つながりがどのように武術の身体使いに発展していくか、体のコネクションをつなげるというのはどういうことか
その概念を一つ一つの実例を交えながら丁寧に体験しながらアライメントの力への理解を深めていきました。

スケジュールの都合で今回はベルギーセミナーを行えませんでしたが、
毎回ベルギーセミナーに参加されている方がわざわざアラスまで来てセミナーに参加、熱心に練習されていました。

空手の方、柔道の方、それぞれの学んでいる背景にあわせて理解しやすいように
その場その場で調整して説明しています。

柔道指導員の方に力でなく体の納まりと軸の動き/コネクションで相手への影響を与えることを体感頂く。
体格の大きな方が先生を押さえても先生が軸をただして動くだけで 重い相手が崩れてしまう。

参加された皆さんが大変納得して満足されていたという感想を頂いたそうでした。
セミナーをコーディネートくださったジャンクロードさん
通訳のアメリさん、ありがとうございました!