パリ オープンセミナー

EUセミナー最終となる PARISオープンセミナーです。

何度も参加している方の顔も見受けられます、、リピーターが多くいらっしゃる つまりフランスに阿吽会が定着してきたということだと感じました。

第一回フランスセミナーから6年。何もかも試行錯誤の連続で手作りから始まりました。

海外セミナーで参加者の方から、

「前回のセミナー後先生が日本に戻った後も興味を持って自分で練習を続けている」という話しを聞くたびに、海外で学んでいる方が続けられるような受け皿を作ろうと考えた事を思い出します。

普段先生の教えを受けられない分、短い時間で集中して覚えようと言う気持ちを感じるとともに、半年前に先生に指摘された部分を意識し確実に直してくる。。何度もそんな姿を見てきました。

先生に習えるのは1年に2回、
常に先生の身近にいられるわけではなく
伝わりきらない事がある中で

と考えると
逆にこれだけの短い間によく吸収しようとしているものだと 感心させられるのです。

現在ではインストラクターも数名、彼らのもとで学ぶ方々もいて、数年かけて試行錯誤をしながらも少しずつ少しずつ 形になって行く事を実感しています。


ひさしぶりに英語→フランス語通訳コンビ復活。


4カ所、延べ8回のEUセミナーはすべて終わりました。
おつかれさまでした