接触訓練1

フレームで学習した構造に”肉付け”し、対人訓練の中から身体の運用・自分の体を保ち相手の動きを知る訓練を行います。 ここでの鍛錬法は、いわば「剛柔の法」です。

剛柔の法により武術としての”力”をつけ、体の内外を一致させていきます。 剛と柔は本来一つであり表裏一体なので分けることは出来ません。 陰陽図を見ても分かるように、陰の極みには必ず陽の始まりがあり、陽の極みには陰の始まりがあり、両方が混ざり合い連綿と続いています。 剛と柔の極みを鍛錬することで 剛柔を身体で理解し体内に培い調合していきます。

また一般的な力と武術的力の性質の違いを認識して動きの身体運用を習得していかなければ武術を体現する事は出来ません。

鍛錬は形をなぞるだけでは意味がなく、体を動かす原理に基づいた動きでなくては 武術の身体運用にはなりません。 体全体で運用し各関節・筋肉群が総合的にまとまった動きが相手に合理的に作用できるように訓練することが とても重要になります。

Miyakawa-san and Watanabe-san demonstrating GouSessyoku training in classSessyoku training in class

入力・出力・PUSHOUT

「立つ」という形(フォーム)から人間の自然な姿勢を理解して、重力及び重心を感じとる事により得られる 無駄がない身体の置き方を調整します。 体幹部や骨格構造、股関節の収まりを整えて身体の基本認識を探り、 相手との接触から、自分の軸のありかた・身体の調和・重心の置き所などを理解します。

ここでの訓練は、自己の内部の調節及び身体の細分化を理解するシステムと言えます。 剛柔の鍛錬により トルク的に最小限の働きで最大限の効果を生み、相手に影響を及ぼすよう練習していきます。

Akuzawa sensei demonstrating pushout with Miyakawa-sanAkuzwa sensei demonstrating pushout