2月12日開催 徒手格闘 講習会レポート

入門五ヶ月後のセミナー体験記

0702_01
飲み会の時だけ10年選手のような私だが、実はまだ半年も経っていない。そんな私を 入門にかきたてた去年9月のセミナーから、意識だけはなんとか変えようと思って 稽古してきたその成果は・・・

2月12日、晴れやかに澄み切った天候に恵まれる中、参加者が集まってきた。セミナーに対する個々の思いが、それぞれの顔に緊張として表れている。 普段の稽古とは違い、通常の基本功は省 き、投げ技等に入るための簡単な準備体操や受け身から始まった。一通り終わったあ と、十字功の縦円ではなく横円、すなわち肩から肩へのライ ンをつかった受け身を練 習する。最近総合の試合に 出た参加者の話題から払い腰を取り上げ、十字功を使った払い腰の練習へと進む。相 手を腰に乗せたあと臀部を後方へ突き出しつつ地面か ら 伸び上がるような投げ方では なく、力をつかわずにストンと真下に相手を落とす。しかし見るのとやるのは大違い で、自分の軸がブレまくって、先生のようにはできない。 グラブを着用し、突きの稽古へ。肘と膝の一致に注意しつつ前 進、後退を連で行う。パートナーと組んで相方のグラブを標的に、動きながらの突き の稽古を行った後、蹴りも交えて軽いスパーリン グへ。

ここにおいて、身体操作ではなく、身体創作という語の意味がはっきりしてくる。闘うとは、技の引き出しをたくさんつくり、それを状況に合わせて引っ張り出す、とい うような、なにやら膨大なデータベース から必要な情報を引っ張り出すような悠長な 操作をすることではない。データベースにアクセスしている時間はすべて無駄である。無駄はどんどん削ぎ落としていくのが阿吽会の概念である。闘えるとは、即興できる身体を持 つ、という こと。技術=データベースではなく、技術=身体=武術体 なのである。 技術はノウハウではなく、それを使う身体そのものである、ということ。これはもう 意識転換にほかならない。

こうきたらこう、 とか、ああきたらああ、などというノウ ハウではなく、身体そのものが武術になっているからCPUにアクセスしないですむ。 身体がそうなっていない限り、技のコレクターの域を出ない。 せいぜいノウハウを引 き出す速度が速くなるか、または引き出すのになれたデータをしょっちゅう引き出し、やがては他のデータに埃がかぶるか、である。置かれた状況に最適な対策を、瞬 時に身体がこしらえ、無駄の ない処理作業をしていく。そういう身体を作り上げてい くのが日々の阿吽会の稽古法である。アプローチがまったく違うので、錬功法はあっ ても形がないのも、創作を妨げないようにする配慮に 他ならない。

次にその創作だが、創作にはいくつかの必要条件を満たさなければならない。なんで もいいわけでは、もちろんない。それはさまざまな接触技術の訓練を通して、個々が 自得していくことである。先生はすべての弟子のカスタマイズを引き受けるサービス センターではないのだ。武術に甘えは一切許されない。厳しい世界。気付かないもの は永遠に無駄な時間を過ごすことになる。それを再認識した今回のセミナーは、私に 一層の変革の必要性を痛感させた。

(阿吽会 武術クラス 田中英雄 )

0702_02

GW特別講習会 初級散打講習会レポート

阿吽会ではGW特別講習会の第2日目に 初級散打講習会を開催しました。今回は初級散打ということもあり散打の基本や攻撃への崩しなどを主に行い、散打競技にのっとった形でのカリキュラムとなっていますが、本質にあるものは武術としての身体操作です。 阿吽会非会員の方は、この講習会では表面的な散打技法のみでなく、散打を通じて武術の鍛錬の過程での自己認識を体験されたことと思います。阿吽会の会員の方は、さらに普段の鍛錬の意味を理解し今後の課題や方向性を見出したのではないでしょうか。

0502_01

【リポート】
二日目の講習会は棒体術講習会と違って身体作りではなく、散打という競技での身体の武術的な生かし方と、制約された中で相手に対して有効的な動きを行う難しさを体感しました。 講習会の内容は、初日とはまるっきり反対で、武術基本功は行わず、主にストレッチなどでウォーミングアップを行ってから早速初級散打に入りました。

まずは、立ち位置やスタンス、間合い等、グラブでの距離を認識しながら相手と自分の関係を学んでいきます。足をとめて打ち合うのではなく、最初は相手の攻撃を外したり、崩す方向性で訓練していきます。 素手とグローブの違いにより手先の技術はかなり塞がれます。阿久沢先生がよく言っている身体の各コネクション切らさず、自分の身体をいかに整えて動くという方向性で講習会は進んでいきました。これはやはり見た目より難しくて、身体の各部を整えながら普通に歩くのは神経を使います。 次の段階としてこの”繋がった感覚”を保ちながらパンチの方に入りました。通常のパンチとは違って、まず「打つ」という意識に捉われず手を自然に出すことを学びます。そして、打つと言うより、送ると言う感覚で行うように練習していきます。 Kua、そして、頭の先から背中を通す感覚を中心に戻し・出しながら力を送ろうとするような感覚で行います。と言葉では表現できますが、実際に行うのは中々難しい。

次は散打ということもあり 今回はベーシックな蹴りのバリエーションを行いました。サイドキックはパンチの時と同じく、相手の方にExpand、送る感覚で行います。 キックというと蹴ることに意識がいきがちですが、この練習においては、実は蹴る足よりも支えている軸足の感覚が大事で、蹴る事は基本の体軸を保ちつつ重心を水平移動した結果として力が伝達したという事になります。蹴る時も足から背中、頭に走る繋がった感覚を保つことが必要だと思います。そして蹴る時に常に足の間に橋のアーチの感覚があるような意識で行います。簡単な蹴りでも繊細に行わなければ対人相手では有効ではありません。 力を出してないなくても力を使う以上に疲れます。

その他の蹴りもまたサイドキックと同様、通常のキックのような腰を溜めて”蹴る”のとは違い、前に普通に進みながら軸足に感覚を送らせ、一瞬にして自分の中心を前の方に出し、蹴る足がたまたまその中心を送ろうとしているために力が求心的に働いているっといった感じです。これも行うのはかなり難しい。

最後は参加者たちが、その日に学んだ”自分を崩さずに相手の線を外し崩す”事を意識してライトスパーリングを行いました。練習の過程である程度の決まり中で行うにおいても気を配るのはとても難しい要求だというのに、相手との自由体練の中で「自分を保つ」という要求を意識するのはなかなか行えないという現実を味わいます。相手と接触する前は自分を保つ意識をしていたが、やはり接触があった瞬間神経は手や足の方にはしり、どうしても「蹴る」・「打つ」ことに意識がいってしまい、もうボロボロです。 防御に関しては普段のカリキュラムの延長線が生かせたような気がします。しかし攻める時は自分が崩れてしまう・・・このジレンマを今後どうするか、勉強する事が多いです。

今回の講習会に参加して、色々な疑問に対して糸口を見つけたような気がしますが、同時に同数の疑問も出てきました。基本として、一人で行う練習は大事で、武術的な意味で行えばとても意識を使い難しい。しかし、これに加えて動いている相手がいると、いろんな気持ち、感情、が出て、これを受け入れながら行って、そして身体の全ての条件を保つと言う事の難しさを実感しました。ジレンマがありすぎて、悩みや疑問は、深く理解するごとにますます多く増えるが、悩みや疑問がなければ進化しないと思います。次の講習会までに毎日1%ずつでも自分を理解し積み重ねるように頑張ろうと思います。

ロバート・ジョン

0502_02

GW特別講習会 棒体術講習レポート

□ 2005年5月3日 □ 阿吽会ではGW特別講習会の第1日目に、棒体術講習会が行われました。 1月に行われた第一回では、盛りだくさんの内容に加え初めての棒体術を体験される方も多かったため、動作することに意識がいきがちだったと思いますが、今回は二回目という事もあり、特に動きの意味や繊細な体内感覚を感じた方も多かったのではないでしょうか。

0501_01-1

初めて参加される方に、阿久澤代表が身体要求を基本から指導。
【リポート】棒体術の講習会に参加して−棒の彼方に見えるもの−

阿吽会の棒体術講習会に参加した。講習会の内容は後ほど述べるとして、まず最初に、なぜ棒体術なのかを述べておく。棒体術と言えば、棒を持っての型を通しての実技訓練、または形を演じるといったことを想像されるが、阿吽会の講習会はそれとは意味も解釈もまったく違う。棒を物差しとして使い、身体の使い方整えることが主な目的である。それゆえにこそ、棒「体術」と称する訳である(勿論、棒の振り方、使い方もレクチャーされるが)。阿久澤先生がよく仰ることに、「小手先の技術に走ってはダメだ、身体の芯を使わなければならない、要を理解しなければならない」というのがあるが、棒という制約を課し、体の自由度を敢て減らすことによって、身体の芯を意識させることが今回の講習会の狙いである。さしずめ、棒の彼方に身体の使い方が見える、というところであろうか。

さて、セミナーの中身をザッとご紹介しておくと、最初は、準備体操代わりの棒の素振りをし、次に棒に手を密着させてのバランス歩法、棒の操法(振り下ろし・振り上げ・突き)、そして仕上げに、棒を用いての「出・入力」といったメニューである。

それぞれのメニューについてもう少しお話しておきたい。 まず準備体操代わりの素振りである。言葉にすると簡単だが、実際は阿久澤先生が時折見せる「変わり身」にも通じる、なかなかに侮れないものである。 メニュー二つ目のバランス歩法というのは言葉にし難いが、一言で言えば体を中心から動かすためのトレーニングである。棒と手を密着させ、両腕を一本の「棒」と化す。この「棒」が縦の円を描いて回るよう身体を操作する(自分が風車になった状態をご想像頂ければよいか)のだが、これがかなり難しい。特に肩甲骨の辺りに強烈な圧力がかかり時として苦痛を伴う。阿久澤先生は、「身体の芯をブラしていけない」と指導されるが、そうするためには、腹を中心に体を動かさざるを得ず、いわゆる臍下三寸に力が篭るのが実感できる。体作りには好適かもしれない。

メニュー三つめの棒の操法は、全身を強調させ、棒先への力の集中の方法を学ぶ。棒の振り方・突き方の学習だが、単に棒の操作にとどまるものではない。棒を手刀や拳に代えれば、そのまま徒手体術への展開が可能となるのではなかろうか。中国や日本の古武術では、「武器は手の延長」と言われるが、その言葉が実感されるものであった。

そして今回の課題の最後に、棒を用いての『出・入力』を対人的に経験する意味で一本の棒を通して2人で崩しあう練習をした。徒手と明らかに違い思うように相手の自由を奪うことは出来ない。単なる力比べでは体格・体力に勝る相手を崩すことはできない。全身の協調が必要となるが、筆者の場合、終始力比べに陥ってしまい、自らの非力を痛感するだけの結果に終わってしまった。このような盛り沢山の内容がわずか3時間半で消化され、浅学菲才の筆者は消化不良を懸念するほどであった。日頃運動不足の筆者にとっては、いささかハードであり、翌日以降激烈な筋肉痛に悩まされるというオマケもついたが。

講習会終了後も講習会で得たことを身に着けるべく、日常生活の中で身体の秦を意識するよう努めているが、これがなかなか難しい。とはいうものの、時間はかかろうとも倦まず弛まず継続して、その効果を自らの体と感覚で検証していきたいと考えている。聞くところによれば、阿久澤先生は、秋頃を目処に第3回目の棒体術セミナーを構想されておられるとのこと。今から楽しみである。

大塚修生

0501_02-1

棒体術講習会レポート □ 2005年1月23日 □

去る1月23日、阿吽会では棒体術の講習会が行われました。 今回のテーマは棒を通しての身体創作及び力の運用・伝達の理解でした。 棒での鍛錬は初めての方が多く、戸惑いもあるかと思いましたが、そんな心配など必要なかったかのように参加した皆さんはすぐにそれぞれの鍛錬の意味を理解していました。当日は粉雪の舞う寒い日にもかかわらず、半そでで練習するほど熱気にあふれた講習会となりました。

0501_01

十字の軸を感じながら体全体で動きます。棒を中心に身体の体変更(たいへんこう)。

【リポート1】棒体術講習会に参加してみて

はじめに
いくつかの形を教わりましたが、印象に残ったものを書きます。
バランス歩法
いつもであれば自然と手が下がり、知らず知らず体が楽をしてしまうのですが、今日ばかりは強制的にまっすぐになります。しかしそのまま棒に頼っていると体が動かず、特に左右に広げている上肢を上下に転換することが難しかったです。
発動
棒がなければ体を必要以上にねじりがちですが、棒があるために正面までしか動けません。体重移動がうまくいかないため、つい手の力のみになってしまい難しかったです。足と手の動きがあってないためと思いますが、うまくいかないと棒が左右上下にぶれたり、速度が変わるのでわかりやすいです。
体振り
腰につけた後ろの手を支点とするので振り下ろしはなんとなく出来るのですが、振り上げはかなり難しかったです。支点の位置がよくわかりませんでした。
対練
「力をいれない」「力を入れる」という力に対する概念が体感によって変わりました。単に抜くだけでは子供以下になってしまい、また力を手に伝えることが出来ません。結局、腕の力で踏ん張ったのですが、翌週まで筋肉痛が取れないほどでした。入力出力に関しては残念ながら感じる余裕がありませんでした。
おわりに
棒を使うと動きが増幅されるような気がします。へたはへたなりに増幅され、視覚的にも分かりやすいと思います。普段は練習できないのですが、機会を見つけて棒を使ってみようとおもいます。
鎌田真隆(阿吽会武術クラス)

0501_02

(写真上段)重心移動及び各部位の螺旋状の伝達を学びます。(写真下段)実際突いてみて体のつながり等を体感します

【リポート2】棒術講習会リポート

棒を通じて素手の練習に出た課題を新しい面から味わわせてあげるのが、阿久澤先生の目的だと思う。 棒も素手も結局概念が同一だから、両方鍛錬すると相乗効果で(それまで気付かなかった事に)閃き、気付いた事によってさらに微調整する機会が増えるだろう。確かに棒を握りながら感じた感覚が素手練習に役に立つ。 例えば「バランス歩法」で鍛える「十字」意識;棒できれいに立円を描くのはなかなか難しくて、特に痙攣するほど肩甲骨に力を入れたままで行うので緊張を継続します。しかし棒が曲がらないからそれで「軸」を実感でき両腕の繋がりの意味がもっとわかったという気がします。 他の概念も棒ですぐわかる。緊張し過ぎると力が停滞し、相手に響かずにこっちに戻って、自分のバランスが崩れてしまう。素手でやると、ある程度その戻った力をまた利用する事が何となくできる。膝をもっと曲げたり、片腕を緩めたり、ベクトルを変えたりすると相手によく効くけど、阿久澤先生は「それは枝葉」だと言う。 最終的に目指しているのはテクニックではなくて、根本的な「体作り」である。

「体が出来ていない」とよく阿久澤先生に言われる。正にその通りです。では、「体が出来ている」というのは何でしょうか。 私の解釈で、まず「前後・上下・左右」の意識で、体が同時に四方八方に行こうとしている状態を作らなければならない。緊張と緩みの間の「張り」、丹田から体全体に「膨張」と「収縮」みたいな感じが求められる。それに常に「十字」意識で「軸」と「上下の繋がり」を保ちながら、更にもっと細かく「繋がり」を達成しなければいけない。例えば足から手に、それとも右の小指から左の小指まで。

それが出来ると、発力する時に体の各部位が繋がった状態で動くから無駄がなく、停滞もない。そこで「入力と出力」という意味が初めて繋がってくる。 「力の伝達」の練習では「手首からしか発動しない」と言われても戸惑う。しかも、阿久澤先生と接触するとその戸惑いを実感として感じる;「何か」が違うというのはすぐ理解できる。その「何か」を掴むには基本をやるしかない。数をこなすしか。 ありがたいことで阿久澤先生がよくフィードバックをしてくれる。最終的には個人でしか理解と微調整できないと阿久澤先生は常々言っている。単なる「教える」ではなくて、生徒に考えさせるのは、いい先生の役割であると思います。

基本をやりながら考えて、調整して、新しいやり方を試すことが重要。仲間がいるから「切磋琢磨」出来て、新しい方法をすぐ試せる。たまには力と力のぶつかり合いになってしまいますが、それでまた阿久澤先生が気づかせてくれます。とにかく訓練の範囲で「力を使う」=「悪い」というわけではない。最終的に「中庸」が理想だが、それを達成するにはわざと過剰に「剛」で練習することもある。両極端を知らないままでは中庸の意味がわからないはず。 これから講習会で教えてもらったぞれぞれの訓練を繰り返し行うことで、棒を通じて体術訓練のいい付加になるに違いないでしょう。

ファブロ・ジェラルド(阿吽会武術クラス)

0501_03

さらに力の運用を利用し2人組になって、自由に崩しあいます。