2006年9月18日開催 散打講習会レポート

散打講習会に参加して

今回で散打講習会の参加は2回目。過去にグラブでの経験も浅く、散打(スパーリング系体)にあまり興味がなかった私がどうして再び参加したかというと、前回初めて参加した散打講習での体験にあります。初級散打と言う事で最低限度の基本的な突き、蹴りは勿論 相手に対して、自分の細かい身体運用を認識しながら動きの空間を作り出すといった流れを研究していく部分がこの講習会の重要な内容になっています。更に さまざま段階を 追って最後にスパーリングを通じて日々の練習にフィードバックできるような体系的なメニューが組まれていると思います。前回参加した打撃系初心者の知り合いも後半には初心者とは感じられないくらいの動き(蹴りなども・・)に変わってしまった現実に非常に衝撃を受け、私は武術クラスの基本訓練の重要性を再確認できました。2回目の参加と言うことで私なりに感じた事を簡単ですがレポートしたいと思います。
台風13号の影響で当日は不安定な天候にもかかわらず、他の武道経験者やアメリカからのゲストなどさまざまな人たちが参加してました。

最初は身体をほぐす意味での簡単なストレッチ、しかしここにも本来さまざまな要求があり正しくやるにはかなり難しいと感じました。各コネクションを緩めていくんですが、一般的な柔軟性を求めるやり方ではなく、骨盤や股関節を中心に上下を繋いだまま行わなければなりません。ちなみに阿吽会の武術クラスではストレッチや準備体操はこれといって行っていない。全体練習での基本錬功の過程で身体が整っていくからである。【阿久澤代表は普段クラスでは、『本来訓練順序などどうでもいい。・・・クラスや教室だからこのようにやっているが・・・』と言われている。】

つづいて、受け身ですが基本的には2人1組で投げからの前後受け身を含んだ、いろいろなバリエ−ションをやりました。しかし重要な点は相手の力やベクトルがかかってから受けるというより、相手と同化しながら受けていくような印象です。(言葉ではなかなか上手く表現できませんが・・・)また、1人で訓練する際、小さいマットで前後左右受けるのですが床が滑るのもあって私達が受け身をするとマットがかなりズレてしまうが、阿久澤代表が受けるとマットがズレない上、畳1畳分ぐらいのところで起き上がっていることに驚きました。総合格闘技を現役でやっている人が参加していて真剣に先生に質問していのが印象的でした。

一般的に見られるディフェンスと言った概念とは違い、相手との距離や空間などを含めての”崩し”を垣間見ることができました。相手の体幹部に密着する技術はなかなか外から見ただけでは理解できません。初めて散打講習会に参加した武術暦が長いTさんも、まるで抵抗がないのでこんな感覚は初めてだ・・と驚いてました。

後半、ミットや防具を使っての散打(自由攻撃)のシミュレーションの為、基本的な攻撃の有効性を認識する訓練に入りました。突きに関しては単発的な動かし方や部分的な力ではなく移動するエネルギー本来のバランスや常に身体の要がぶれないよう動く練習を注意しながら御互いアドバイスしてできたことは良かったと思います。

最後に参加者のレベルに合わせて、スパーリングを行いました。個々、それぞれのバックグランドが違ってもここまでの流れで、この講習会の趣旨が皆 個人レベルで理解できているような印象を受けました。 実際、現実としてすぐ解釈や動きそのものは変わりませんが、目的を持って皆、スパーリングに集中していました。ふたを開けてみると外国勢は、非常にアグレッシブな人もいた為 感情的になる場面もたびたびありましたが、ある意味今までやってきた武術、武道のプライドや経験が如実に試されているという一面もある為、緊張感あるいい経験ができ、 これからの訓練、練習にたくさんの課題が見つかり普段のクラスの本当の意味がこのような角度で身に染み、実感した次第です。

以上、改めて思うことはどのスタイルがどうとか、こうとかではなく、阿吽会で教えている事は一般社会でもそのエッセンスが生かせれているのだという事です。勿論、武術ですので厳しい側面は当たり前ですがあります。散打という競技やルールのあるスポーツと一緒にすることはできないと思います。

しかし、個々の目的やニーズに合わせて学べるところがこの会の素晴らしいところだと感じました。阿吽会に入会して1年数ヶ月経ちましたが、阿久澤代表の稀有な解釈や発想はいまだに理解できてない私ですが、その奥深さを知るとともに、これからの練習で少しでも進化できるよう頑張りたいと思います。

(阿吽会 武術クラス 渡辺 学)

2006年2月 フランスPARISセミナーに通訳として同行して

2006年2月 EUにて初めてのセミナーが開催されました。

昨年より阿吽会会員が、当会で阿久澤代表が教えている内容を海外の武術フォーラムに書き込んだ事がちょっとした話題になっていました。当初は11月にアメリカでの講習会の依頼を頂きましたが日程の調整が付かず、延期に。そんな折、フォーラムの参加者で長年“陳式太極拳の四傑“陳小旺”の元で武術を学び、陳小旺に認められてパリでセミナーを行った事もあるマイク氏が、阿久澤代表の言っていることに興味を持ち、パリ在住で武術を指導しているエドワードに阿久澤代表を紹介。エドワードは阿久澤代表や阿吽会の事を知りませんでしたが、フォーラムでの内容やマイクの薦めもあり、興味を持たれ、阿吽会のPARISセミナーを企画・開催してくれる事になりました。

パリセミナーの前に、、2006年2月7日 ロンドン練習会

パリのセミナーの前に、阿吽会の会員で現在ロンドンのビジネススクールに留学中のジェラルドがいるので、ロンドンに立ち寄りました。彼の呼びかけで、阿久澤代表に興味を持ち学びたいと思った人たち(マーシャルアーツの経験者・アメリカ軍に所属しアフガニスタンの戦争で指揮官だった人・空手などの有段者など)に、練習会を行いました。

通訳

通訳は、初日はパリ在住で合気道の指導をされている土屋さん、2日目はロンドンに留学中のジェラルドがフランス語の通訳に、ロバートには英語通訳を担ってもらいました。

通訳として同行して

Paris講習会は30人以上のさまざまな国の参加者の前で、生徒である私は阿久澤代表の通訳も兼ねているので、緊張感はさすがにありました。なぜなら、訳すと言っても、武術の解釈や概念を言語で伝えるというのは難しいからです。阿久澤代表の表現と意味を理解した上で、自分の言葉に置き換えて直さなければいけません。言語の上での意味合いが、さまざまな国の方相手に、武術の内観的なの部分や日本独自の表現まで、英語でわかりやすく説明出来るかが、私の課題でした。

でも、講習会の日になって参加者の前に立ったら面白い事を経験する事ができました。阿久澤代表の伝えようとしているものの難しさは先ほど述べたように、言語上に置いての表現の限界という側面もありましたが、同時に講習会に集まってたみなさんは色々な流派、バックグラウンドがある為、ある種、考え方、スタイル、そして言語の壁をとっぱらい説明しなければいけないという事でした。
しかし、人間と言うものは、場に置かれプレッシャーを少し与えられると、今まで自分が経験してきた知識、概念、意識が他の人に説明する事で一段と深まる事もあるという不思議な経験をする事ができました。今までの練習、訓練、意識的な理解は自分なりの解釈で、おまけに日本語のわからない参加者に英語で説明しなければいけない為、自分のもっている理解範囲のものを色々な角度から見て分析し、阿久澤代表のいう事を噛み砕いて説明する事に努めたからです。そこから得た“深まり”は、頭だけで考えただけでは得られなかった自己を認識するいい経験になりました。

参加していた方と一緒に鍛練をやって、考え、自分の肉体をよくよく感じながら色々な方向から考え直したから、新しい発想を得られたのだと思います。通訳という体験を通じて自分の理解も不思議に深まり、今まで何となく感じていた事、理解していた事を他人に教えようとして失敗し、どのように伝えればわかるのかを考えながら説明する事によってその“何となく”が始めて“あ、こう言うことなんだ!”というはっきりした肉体精神融合の理解に変わり、自分でも大変驚きました。自分の今までの感じていた事がどれだけあいまいだったのか、そしてわかっていたつもりのものが浅かったのかも知りました。
これからの練習にもこの体験で得たことを教訓に、練習をより深く、また時には自分を客観的な角度から見直しつつ深めていきたいと思っています。

(ロバート・ジョン/阿吽会武術クラス)