2月12日開催 徒手格闘 講習会レポート

入門五ヶ月後のセミナー体験記

0702_01
飲み会の時だけ10年選手のような私だが、実はまだ半年も経っていない。そんな私を 入門にかきたてた去年9月のセミナーから、意識だけはなんとか変えようと思って 稽古してきたその成果は・・・

2月12日、晴れやかに澄み切った天候に恵まれる中、参加者が集まってきた。セミナーに対する個々の思いが、それぞれの顔に緊張として表れている。 普段の稽古とは違い、通常の基本功は省 き、投げ技等に入るための簡単な準備体操や受け身から始まった。一通り終わったあ と、十字功の縦円ではなく横円、すなわち肩から肩へのライ ンをつかった受け身を練 習する。最近総合の試合に 出た参加者の話題から払い腰を取り上げ、十字功を使った払い腰の練習へと進む。相 手を腰に乗せたあと臀部を後方へ突き出しつつ地面か ら 伸び上がるような投げ方では なく、力をつかわずにストンと真下に相手を落とす。しかし見るのとやるのは大違い で、自分の軸がブレまくって、先生のようにはできない。 グラブを着用し、突きの稽古へ。肘と膝の一致に注意しつつ前 進、後退を連で行う。パートナーと組んで相方のグラブを標的に、動きながらの突き の稽古を行った後、蹴りも交えて軽いスパーリン グへ。

ここにおいて、身体操作ではなく、身体創作という語の意味がはっきりしてくる。闘うとは、技の引き出しをたくさんつくり、それを状況に合わせて引っ張り出す、とい うような、なにやら膨大なデータベース から必要な情報を引っ張り出すような悠長な 操作をすることではない。データベースにアクセスしている時間はすべて無駄である。無駄はどんどん削ぎ落としていくのが阿吽会の概念である。闘えるとは、即興できる身体を持 つ、という こと。技術=データベースではなく、技術=身体=武術体 なのである。 技術はノウハウではなく、それを使う身体そのものである、ということ。これはもう 意識転換にほかならない。

こうきたらこう、 とか、ああきたらああ、などというノウ ハウではなく、身体そのものが武術になっているからCPUにアクセスしないですむ。 身体がそうなっていない限り、技のコレクターの域を出ない。 せいぜいノウハウを引 き出す速度が速くなるか、または引き出すのになれたデータをしょっちゅう引き出し、やがては他のデータに埃がかぶるか、である。置かれた状況に最適な対策を、瞬 時に身体がこしらえ、無駄の ない処理作業をしていく。そういう身体を作り上げてい くのが日々の阿吽会の稽古法である。アプローチがまったく違うので、錬功法はあっ ても形がないのも、創作を妨げないようにする配慮に 他ならない。

次にその創作だが、創作にはいくつかの必要条件を満たさなければならない。なんで もいいわけでは、もちろんない。それはさまざまな接触技術の訓練を通して、個々が 自得していくことである。先生はすべての弟子のカスタマイズを引き受けるサービス センターではないのだ。武術に甘えは一切許されない。厳しい世界。気付かないもの は永遠に無駄な時間を過ごすことになる。それを再認識した今回のセミナーは、私に 一層の変革の必要性を痛感させた。

(阿吽会 武術クラス 田中英雄 )

0702_02

GW特別講習会 棒体術講習レポート

□ 2005年5月3日 □ 阿吽会ではGW特別講習会の第1日目に、棒体術講習会が行われました。 1月に行われた第一回では、盛りだくさんの内容に加え初めての棒体術を体験される方も多かったため、動作することに意識がいきがちだったと思いますが、今回は二回目という事もあり、特に動きの意味や繊細な体内感覚を感じた方も多かったのではないでしょうか。

0501_01-1

初めて参加される方に、阿久澤代表が身体要求を基本から指導。
【リポート】棒体術の講習会に参加して−棒の彼方に見えるもの−

阿吽会の棒体術講習会に参加した。講習会の内容は後ほど述べるとして、まず最初に、なぜ棒体術なのかを述べておく。棒体術と言えば、棒を持っての型を通しての実技訓練、または形を演じるといったことを想像されるが、阿吽会の講習会はそれとは意味も解釈もまったく違う。棒を物差しとして使い、身体の使い方整えることが主な目的である。それゆえにこそ、棒「体術」と称する訳である(勿論、棒の振り方、使い方もレクチャーされるが)。阿久澤先生がよく仰ることに、「小手先の技術に走ってはダメだ、身体の芯を使わなければならない、要を理解しなければならない」というのがあるが、棒という制約を課し、体の自由度を敢て減らすことによって、身体の芯を意識させることが今回の講習会の狙いである。さしずめ、棒の彼方に身体の使い方が見える、というところであろうか。

さて、セミナーの中身をザッとご紹介しておくと、最初は、準備体操代わりの棒の素振りをし、次に棒に手を密着させてのバランス歩法、棒の操法(振り下ろし・振り上げ・突き)、そして仕上げに、棒を用いての「出・入力」といったメニューである。

それぞれのメニューについてもう少しお話しておきたい。 まず準備体操代わりの素振りである。言葉にすると簡単だが、実際は阿久澤先生が時折見せる「変わり身」にも通じる、なかなかに侮れないものである。 メニュー二つ目のバランス歩法というのは言葉にし難いが、一言で言えば体を中心から動かすためのトレーニングである。棒と手を密着させ、両腕を一本の「棒」と化す。この「棒」が縦の円を描いて回るよう身体を操作する(自分が風車になった状態をご想像頂ければよいか)のだが、これがかなり難しい。特に肩甲骨の辺りに強烈な圧力がかかり時として苦痛を伴う。阿久澤先生は、「身体の芯をブラしていけない」と指導されるが、そうするためには、腹を中心に体を動かさざるを得ず、いわゆる臍下三寸に力が篭るのが実感できる。体作りには好適かもしれない。

メニュー三つめの棒の操法は、全身を強調させ、棒先への力の集中の方法を学ぶ。棒の振り方・突き方の学習だが、単に棒の操作にとどまるものではない。棒を手刀や拳に代えれば、そのまま徒手体術への展開が可能となるのではなかろうか。中国や日本の古武術では、「武器は手の延長」と言われるが、その言葉が実感されるものであった。

そして今回の課題の最後に、棒を用いての『出・入力』を対人的に経験する意味で一本の棒を通して2人で崩しあう練習をした。徒手と明らかに違い思うように相手の自由を奪うことは出来ない。単なる力比べでは体格・体力に勝る相手を崩すことはできない。全身の協調が必要となるが、筆者の場合、終始力比べに陥ってしまい、自らの非力を痛感するだけの結果に終わってしまった。このような盛り沢山の内容がわずか3時間半で消化され、浅学菲才の筆者は消化不良を懸念するほどであった。日頃運動不足の筆者にとっては、いささかハードであり、翌日以降激烈な筋肉痛に悩まされるというオマケもついたが。

講習会終了後も講習会で得たことを身に着けるべく、日常生活の中で身体の秦を意識するよう努めているが、これがなかなか難しい。とはいうものの、時間はかかろうとも倦まず弛まず継続して、その効果を自らの体と感覚で検証していきたいと考えている。聞くところによれば、阿久澤先生は、秋頃を目処に第3回目の棒体術セミナーを構想されておられるとのこと。今から楽しみである。

大塚修生

0501_02-1